助成:

文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会

アーツコミッション・ヨコハマ

(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

© 2019 Sundy inc.

広汎性発達障害を抱えながら独居生活を送る叔父の日常を発達障害と診断された映画監督が撮り続けた三年間   

<あらすじ>

精神に不調をきたした映画監督/坪田義史が精神科で問診を受けたところ発達障 害のグループの一つである「ADHD/注意欠如多動性障害」に適合すると診断を受ける。

診断後、坪田が親族に相談したところ、親類に広汎性発達障害を持ちなが ら一人暮らしをする叔父さん(まことさん)がいることを聞き、発達障害に興味関心 を持ち始めていた坪田は衝動的にカメラを持って会いにいく。

まことさんは40年間母子家庭で、8年前に母親の辰子さんを亡くしてからは成年後見人となった叔母の援助のもと、現在は障害基礎年金を受給しながら一人暮らしをしていた。

坪田 はまことさんとの時間を過ごしていく中で、まことさん特有の所作や思考に惹かれていくのと同時に「親亡き後の障碍者の自立の困難さ」や「知的障碍者の自己 決定や意思決定の尊重」「8050問題に伴う住居課題」などの難しい問題に直面し ていく。

本作は、障碍を抱える当事者同士の友情と葛藤を描いた二年半にわたる 交流の記録であり、人と人との寄り添い方を学び合いながら理解を深めていくバ ディムービーです。

Film Director Tsubota Yoshifumi is diagnosed with ADHD at the age of 41.

Following his diagnosis, Tsubota consults with his family and learns that he has a relative named Makoto-san, who has a type of developmental disorder called PDD(Pervasive Developmental Disorder).

Tsubota, now intrigued by the nature of developmental disorders, impulsively takes a camera and goes to visit him. He finds Makoto-san living alone - with help from his aunt and income from his disability pension - after his mother whom he had lived together with for 40 years passed away 8 years ago.

Through their time together, Tsubota becomes increasingly fascinated with Makoto-san's distinctive mannerisms and way of thinking, while at the same time comes face to face with the complex issues surrounding developmental disorders.

This film is a record of the friendship and troubles experienced over the course of two and a half years by Tsubota and Makoto-san, a buddy film of learning how to help and be helped, a film of understanding.

<Synopsis>